民法第883条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)>民法第883条

条文[編集]

相続開始の場所)

第883条
相続は、被相続人の住所において開始する。

解説[編集]

相続開始の場所について定める。

相続開始の場所は、被相続人の最後の住所地である。たとえば東京在住の者が北海道で旅行中に死亡した場合、相続開始の場所は北海道ではなく東京になる。

相続開始の場所を定めることは、相続事件の裁判管轄を決定する基準となる。

参照条文[編集]


前条:
民法第882条
(相続開始の原因)
民法

第5編 相続
第1章 総則

次条:
民法第884条
(相続回復請求権)
このページ「民法第883条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。