民法第884条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(相続回復請求権)

第884条
相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から20年を経過したときも、同様とする。
(昭和22年12月22日法律第222号全部改正、平成16年12月1日法律第147号一部改正)

改正前[編集]

昭和22年12月22日法律第222号[編集]

第884条
相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知つた時から5年間これを行わないときは、時効によつて消滅する。相続開始の時から20年を経過したときも、同様である。

明治31年6月21日法律第9号[編集]

第966条
家督相続回復ノ請求権ハ家督相続人又ハ其法定代理人カ相続権侵害ノ事実ヲ知リタル時ヨリ5年間之ヲ行ハサルトキハ時効二因リテ消滅ス相続開始ノ時ヨリ20年ヲ経過シタルトキ亦同シ
第993条
第965条乃至第968条ノ規定ハ遺産相続ニ之ヲ準用ス

解説[編集]

本条は、相続回復請求権およびその短期消滅時効について定めている。

参照条文[編集]

判例[編集]

参考文献[編集]

  • 島津一郎・久貴忠彦編 『新・判例コンメンタール民法 14 相続(1)』 三省堂、1992年6月1日ISBN 9784385311661
  • 中川善之助・泉久雄編 『新版 注釈民法(26) 相続(1)』 有斐閣、1992年6月30日ISBN 9784641017269

前条:
民法第883条
(相続開始の場所)
民法
第5編 相続
第1章 総則
次条:
民法第885条
(相続財産に関する費用)


このページ「民法第884条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。