民法第885条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

相続財産に関する費用)

第885条
  1. 相続財産に関する費用は、その財産の中から支弁する。ただし、相続人の過失によるものは、この限りでない。
  2. 前項の費用は、遺留分権利者が贈与の減殺によって得た財産をもって支弁することを要しない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第884条
(相続回復請求権)
民法
第5編 相続
第1章 総則
次条:
民法第886条
(相続に関する胎児の権利能力)
このページ「民法第885条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。