民法第966条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(被後見人の遺言の制限)

第966条
  1. 被後見人が、後見の計算の終了前に、後見人又はその配偶者若しくは直系卑属の利益となるべき遺言をしたときは、その遺言は、無効とする。
  2. 前項の規定は、直系血族、配偶者又は兄弟姉妹が後見人である場合には、適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第965条
(相続人に関する規定の準用)
民法
第5編 相続
第7章 遺言
第1節 総則
次条:
民法第967条
(普通の方式による遺言の種類)
このページ「民法第966条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。