民法第901条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(代襲相続人の相続分)

第901条
  1. 第887条第2項又は第3項の規定により相続人となる直系卑属の相続分は、その直系尊属が受けるべきであったものと同じとする。ただし、直系卑属が数人あるときは、その各自の直系尊属が受けるべきであった部分について、前条の規定に従ってその相続分を定める。
  2. 前項の規定は、第889条第2項の規定により兄弟姉妹の子が相続人となる場合について準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第900条
(法定相続分)
民法
第5編 相続
第3章 相続の効力
第2節 相続分
次条:
民法第902条
(遺言による相続分の指定)
このページ「民法第901条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。