民法第960条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

遺言の方式)

第960条
遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない。

解説[編集]

遺言は、相手方のない単独行為である。遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる(985条1項)。すなわち、効力を発したあとに、遺言者の意思を確認することはできないため、遺言の解釈について混乱を避けるため、方式が厳格に法定されている。 具体的な法定内容については、968条(自筆証書遺言)、969条(公正証書遺言)、970条(秘密証書遺言)に規定されている。

参照条文[編集]


前条:
民法第959条
(残余財産の国庫への帰属)
民法

第5編 相続
第7章 遺言
第1節 総則

次条:
民法第961条
(遺言能力)
このページ「民法第960条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。