民法第996条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)民法第996条

条文[編集]

(相続財産に属しない権利の遺贈)

第996条
遺贈は、その目的である権利が遺言者の死亡の時において相続財産に属しなかったときは、その効力を生じない。ただし、その権利が相続財産に属するかどうかにかかわらず、これを遺贈の目的としたものと認められるときは、この限りでない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第995条
(遺贈の無効又は失効の場合の財産の帰属)
民法
第5編 相続

第7章 遺言

第3節 遺言の効力
次条:
民法第997条
(相続財産に属しない権利の遺贈)


このページ「民法第996条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。