高等学校数学III/平面上の曲線

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

放物線(parabola)、楕円(ellipse)、双曲線(hyperbola)をまとめて、2次曲線や円錐曲線という。これらが、2次曲線と呼ばれる理由は、放物線、楕円、双曲線は の2次式 によって で表すことができ、また の2次式 によって と表される曲線は放物線、楕円、双曲線、2直線のいずれかになるからである。

Conic Sections.svg

円錐曲線と呼ばれる理由は、円錐面を「全ての母線と交わり、底面に平行な平面で切断」したときの断面が円。「全ての母線と交わり、底面に平行でない平面で切断」したときの断面が楕円。「母線に平行な面で切断」したときの断面が双曲線。「母線に平行でない平面で切断」したときの断面が双曲線となるからである。

2次曲線は直線や円についで重要な曲線である。

放物線[編集]

平面上に点 と、点 を通らない直線 をとる。このとき、直線 からの距離と点 からの距離が等しい点の軌跡を放物線という。このとき、点 を放物線の焦点、直線 を放物線の準線という。

Parabola with focus and directrix.svg


焦点を 準線を とする放物線の方程式を求める。 がこの放物線の点とすると、点 と直線 の距離は であり、 である。なので、 である。これを整理して、

を得る。


ここで、放物線 において、 を入れ替えれば である。ここから中学から学んできた放物線の定義と一致することがわかる。

演習問題

放物線 の焦点と準線を求めよ。

解答

焦点 準線

楕円[編集]

平面上に異なる2点 をとる。 との距離と、 との距離の和が一定である点の軌跡を楕円という。このとき、点 を楕円の焦点という。


焦点を とする。点 が楕円上の点であるとき、 である。 より

両辺を2乗して整理すると

再度、両辺を2乗して整理すると

ここで と置き換えると

両辺を で割ると

が導かれる。


x軸との交点はy軸との交点はとなる。

のとき、は長軸の長さ(長径)、は短軸の長さ(短径)となり、xy平面上にグラフを書くと横長の楕円になる。また焦点は長径であるx軸上にありその座標はとなる。

逆に、のとき、は長軸の長さ(長径)、は短軸の長さ(短径)となり、xy平面上にグラフを書くと縦長の楕円になる。また焦点は長径であるy軸上にありその座標はとなる。

2つの焦点が近いほど楕円は円に近づき、2つの焦点が重なったとき となり、楕円は円になる。

ちなみに、恒星の周りを公転する惑星の軌道は、恒星を焦点とする楕円になる。

双曲線[編集]

平面上に異なる2点 をとる。 との距離と、 との距離の差が一定である点の軌跡を双曲線といい、2点 を双曲線の焦点という。


焦点を とする。点 が双曲線上の点であるとき、 である。 より

両辺を2乗して整理すると

再度両辺を2乗して整理すると

ここで、 とおき、両辺を で割れば

である。

双曲線がで表されるとき、焦点の座標はとなる。

逆に、双曲線がで表されるとき、焦点の座標はとなる。

媒介変数表示[編集]

で表される点 の集合はある曲線を描く。このような曲線の表示を媒介変数表示という。


媒介変数表示では の形では表しにくい曲線も簡潔に表すことができる。例えば、 x = t - sin t, y = 1 - cos t である。これはサイクロイドと呼ばれる。

サイクロイド


と媒介変数表示されている曲線を 方向に 方向に だけだけ平行移動した曲線は と表せる。

二次曲線の媒介変数表示[編集]

で表される曲線は を消去すると となるので放物線である。

を媒介変数表示すると となる。

極座標[編集]

極座標[編集]

x, y の代わりにr, の形で与えられる式を使って 曲線を表わすと便利なことがある。 ただし、 であり、 でr, を定義する。 x = r cos , y = r sin に注意。

極方程式[編集]

の形で与えられる式を 極方程式(きょくほうていしき)と呼ぶ。

例えば、r = 1 は、半径1で、中心を原点とした円を表わす。 また、直線y = x は、

r sin = r cos より、

で与えられる。