会社法第180条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第2章 株式 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:株式併合株式の併合)

第180条
  1. w:株式会社は、株式の併合をすることができる。
  2. 株式会社は、株式の併合をしようとするときは、その都度、株主総会の決議によって、次に掲げる事項を定めなければならない。
    一  併合の割合
    二  株式の併合がその効力を生ずる日
    三  株式会社が種類株式発行会社である場合には、併合する株式の種類
  3. 取締役は、前項の株主総会において、株式の併合をすることを必要とする理由を説明しなければならない。

解説[編集]

株主総会の決議は、特別議決が必要である(会社法第309条)。

関連条文[編集]


前条:
会社法第179条
(定款の変更の手続の特則)
会社法
第2編 株式会社
第2章 株式
第5節 株式の併合等
次条:
会社法第181条
(定款の変更の手続の特則)
このページ「会社法第180条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。