刑事訴訟法第350条の5

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

第350条の5
  1. 前条の協議において、検察官は、被疑者又は被告人に対し、他人の刑事事件について供述を求めることができる。この場合においては、第198条第二項の規定を準用する。
  2. 被疑者又は被告人が前条の協議においてした供述は、第350条の2第一項の合意が成立しなかつたときは、これを証拠とすることができない。
  3. 前項の規定は、被疑者又は被告人が当該協議においてした行為が刑法第103条第104条若しくは第172条の罪又は組織的犯罪処罰法第七条第一項第一号若しくは第二号に掲げる者に係る同条の罪に当たる場合において、これらの罪に係る事件において用いるときは、これを適用しない。 

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第350条の4
刑事訴訟法
第2編 第一審
第4章 証拠収集等への協力及び訴追に関する合意
第1節 合意及び協議の手続
次条:
第350条の6
このページ「刑事訴訟法第350条の5」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。