刑法第177条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

条文[編集]

(強制性交等)

第177条
十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

解説[編集]

平成29年改正[編集]

(改正前)

見出し
強姦
条文
暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

改正のポイント[編集]

  1. 処罰行為の拡張
  2. 被害客体の拡張
  3. 科刑の重罰化

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
刑法第176条
(強制わいせつ)
刑法

第2編 罪
第22章 わいせつ、強制性交等及び重婚の罪

次条:
刑法第178条
(準強制わいせつ及び準強制性交等)
このページ「刑法第177条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。