民法第192条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(即時取得)

第192条
取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。

解説[編集]

  • 善意・無過失は、代理人によるときは、代理人について決せられる。
  • 即時取得は、前主が処分権限のない場合に適用になる。
行使する権利
所有権質権

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第191条
(占有者による損害賠償)
民法
第2編 物権
第2章 占有権
第2節 占有権の効力
次条:
民法第193条
(盗品又は遺失物の回復)
このページ「民法第192条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。