コンテンツにスキップ

労働基準法第118条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

コンメンタール労働基準法

条文[編集]

【罰則2・中間搾取の排除、最低年齢遵守、坑内労働禁止違反等】

第118条
  1. 第6条第56条第63条又は第64条の2の規定に違反した者は、これを1年以下の拘禁刑又は50万円以下の罰金に処する。
  2. 第70条の規定に基づいて発する厚生労働省令(第63条又は第64条の2の規定に係る部分に限る。)に違反した者についても前項の例による。

改正経緯[編集]

2022年、以下のとおり改正(施行日2025年6月1日)。

(改正前)懲役
(改正後)拘禁刑

解説[編集]

適用法令

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
労働基準法第117条
(罰則1)
労働基準法
第13章 罰則
次条:
労働基準法第119条
(罰則3)
このページ「労働基準法第118条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。