労働基準法第70条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

労働基準法)(

条文[編集]

(職業訓練に関する特例)

第70条
職業能力開発促進法第24条第1項(同法第27条の2第2項において準用する場合を含む。)の認定を受けて行う職業訓練を受ける労働者について必要がある場合においては、その必要の限度で、第14条第1項の契約期間、第62条及び第第64条の3の年少者及び妊産婦等の危険有害業務の就業制限、第63条の年少者の坑内労働の禁止並びに第64条の2の妊産婦等の坑内業務の就業制限に関する規定について、厚生労働省令で別段の定めをすることができる。ただし、第63条の年少者の坑内労働の禁止に関する規定については、満16歳に満たない者に関しては、この限りでない。

解説[編集]

  • 職業能力開発促進法第24条(都道府県知事による職業訓練の認定)
  • 同法第27条
  • 第14条(契約期間等)
  • 第62条(危険有害業務の就業制限)
  • 第64条の3(危険有害業務の就業制限)
  • 第63条(坑内労働の禁止)
  • 第64条の2(坑内業務の就業制限)


参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「労働基準法第70条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。