民法第1048条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(遺留分侵害額請求権の期間の制限)

第1048条
遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から10年を経過したときも、同様とする。

改正経緯[編集]

2018年改正により新設。

第1042条に定められていた以下の条項の趣旨を継承。

(減殺請求権の期間の制限)

減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から10年を経過したときも、同様とする。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

改正前条項(旧・第1042条)


前条:
民法第1047条
(受遺者又は受贈者の負担額)
民法
第5編 相続
第8章 遺留分
次条:
民法第1049条
(遺留分の放棄)


このページ「民法第1048条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。