民法第121条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

取消しの効果)

第121条
取り消された行為は、初めから無効であったものとみなす。ただし、制限行為能力者は、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う。

解説[編集]

取消しの遡及効の原則と、制限行為能力者の場合の不当利得法理の特則について規定している。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第120条
(取消権者)
民法
第1編 総則
第5章 法律行為
第4節 無効及び取消し
次条:
民法第122条
(取り消すことができる行為の追認)
このページ「民法第121条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。