民法第256条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権

条文[編集]

共有物の分割請求)

第256条
  1. 各共有者は、いつでも共有物の分割を請求することができる。ただし、五年を超えない期間内は分割をしない旨の契約をすることを妨げない。
  2. 前項ただし書の契約は、更新することができる。ただし、その期間は、更新の時から五年を超えることができない

解説[編集]

共有物分割についての規定である。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第255条
(持分の放棄及び共有者の死亡)
民法
第2編 物権
第3章 所有権
第3節 共有
次条:
民法第257条
(共有物の分割請求)
このページ「民法第256条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。