民法第258条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(裁判による共有物の分割

第258条
  1. 共有物の分割について共有者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、その分割を裁判所に請求することができる。
  2. 裁判所は、次に掲げる方法により、共有物の分割を命ずることができる。
    1. 共有物の現物を分割する方法
    2. 共有者に債務を負担させて、他の共有者の持分の全部又は一部を取得させる方法
  3. 前項に規定する方法により共有物を分割することができないとき、又は分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、裁判所は、その競売を命ずることができる。
  4. 裁判所は、共有物の分割の裁判において、当事者に対して、 金銭の支払、物の引渡し、登記義務の履行その他の給付を命ずることができる。

改正経緯[編集]

2021年改正により、以下の通り改正。

  1. 第1項
    下線部を追加。
    (改正前)共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。
    (改正後)共有物の分割について共有者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、その分割を裁判所に請求することができる。
  2. 第2項を新設。
  3. 旧・第2項の文言を改正の上、項番を第3項に繰り下げ。
    (改正前)前項の場合において、共有物の現物を分割することができないとき
    (改正後)前項に規定する方法により共有物の現物を分割することができないとき
  4. 第4項を新設。

解説[編集]

裁判による共有物の分割の方法及び手続についての規定。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第257条
(共有物の分割請求)
民法
第2編 物権

第3章 所有権

第3節 共有
次条:
民法第258条の2
(裁判による共有物の分割)


このページ「民法第258条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。