民法第907条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

遺産分割の協議又は審判等)

第907条
  1. 共同相続人は、次条の規定により被相続人が遺言で禁じた場合を除き、いつでも、その協議で、遺産の全部又は一部の分割をすることができる。
  2. 遺産の分割について、共同相続人間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、各共同相続人は、その全部又は一部の分割を家庭裁判所に請求することができる。ただし、遺産の一部を分割することにより他の共同相続人の利益を害するおそれがある場合におけるその一部の分割については、この限りでない。
  3. 前項本文の場合において特別の事由があるときは、家庭裁判所は、期間を定めて、遺産の全部又は一部について、その分割を禁ずることができる。

解説[編集]

遺産分割の方法・手続についての規定である。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第906条
(遺産の分割の基準)
民法
第5編 相続

第3章 相続の効力

第3節 遺産の分割
次条:
民法第908条
(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)


このページ「民法第907条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。