民法第720条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

正当防衛及び緊急避難

第720条  
  1. 他人の不法行為に対し、自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛するため、やむを得ず加害行為をした者は、損害賠償の責任を負わない。ただし、被害者から不法行為をした者に対する損害賠償の請求を妨げない。
  2. 前項の規定は、他人の物から生じた急迫の危難を避けるためその物を損傷した場合について準用する。

解説[編集]

民法上の正当防衛、及び緊急避難の要件と効果につき規定している。 刑法上の正当防衛、及び緊急避難との違いに注意が必要である。

参照条文[編集]


前条:
民法第719条
(共同不法行為者の責任)
民法
第3編 債権
第5章 不法行為
次条:
民法第721条
(損害賠償請求権に関する胎児の権利能力)
このページ「民法第720条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。