民法第765条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

離婚の届出の受理)

第765条
  1. 離婚の届出は、その離婚が前条において準用する第739条第2項の規定及び第819条第1項の規定その他の法令の規定に違反しないことを認めた後でなければ、受理することができない。
  2. 離婚の届出が前項の規定に違反して受理されたときであっても、離婚は、そのためにその効力を妨げられない。

解説[編集]

離婚の届出の際にも、婚姻の際に必要な民法第739条2項の規定を遵守することが要求され、また、民法第819条1項により、子の親権者を定めておくことが必要である。ただし、第1項の規定に違反しても離婚の効力には影響はない。

  • 民法第739条(婚姻の届出)
  • 民法第819条(離婚又は認知の場合の親権者)

参照条文[編集]


前条:
民法第764条
(婚姻の規定の準用)
民法
第4編 親族
第2章 婚姻
第4節 離婚
次条:
民法第766条
(離婚後の子の監護に関する事項の定め等)
このページ「民法第765条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。