民法第86条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第1編 総則 (コンメンタール民法)

条文[編集]

不動産及び動産

第86条
  1. 土地及びその定着物は、不動産とする。
  2. 不動産以外のは、すべて動産とする。
  3. 無記名債権は、動産とみなす。

解説[編集]

不動産と動産の定義を定めた規定である。 民法上、上記の区別が重要な一例としては、対抗要件の違いがある。

「定着物」かどうかは、物理的な視点の他、取引の性質を考慮して機能的な視点も加味して決定される。

参照条文[編集]

判例[編集]

参考文献[編集]

我妻栄『新訂民法総則』(岩波書店、1965年)210頁


前条:
民法第85条
(定義)
民法
第1編 総則
第4章 物
次条:
民法第87条
(主物及び従物)
このページ「民法第86条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。