民法第893条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

遺言による推定相続人の廃除)

第893条
被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。

解説[編集]

遺言により推定相続人の廃除が行われる場合の規定である。

参照条文[編集]


前条:
民法第892条
(推定相続人の廃除)
民法
第5編 相続
第2章 相続人
次条:
民法第894条
(推定相続人の廃除の取消)


このページ「民法第893条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。