民法第892条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

推定相続人廃除

第892条
遺留分を有する推定相続人相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。

解説[編集]

推定相続人の廃除についての規定である。 「廃除」された推定相続人は、相続権を失い、相続人となることができない。ただし、その直系卑属につき代襲相続は発生する(887条)。 廃除の原因としては「虐待」「重大な侮辱」「その他著しい非行」があげられている。

廃除の対象となるのは「遺留分を有する推定相続人」である。兄弟姉妹は遺留分を有さないので(1028条)、廃除の対象にはならない。

推定相続人の廃除は、被相続人が家庭裁判所に請求することで行う。遺言によって行うこともできる(893条)。また、被相続人は廃除の取消しをいつでも家庭裁判所に請求できる(894条)。

参照条文[編集]


前条:
民法第891条
(相続人の欠格事由)
民法
第5編 相続
第2章 相続人
次条:
民法第893条
(遺言による推定相続人の廃除)
このページ「民法第892条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。