民法第830条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族

条文[編集]

(第三者が無償で子に与えた財産の管理)

第830条
  1. 無償で子に財産を与える第三者が、親権を行う父又は母にこれを管理させない意思を表示したときは、その財産は、父又は母の管理に属しないものとする。
  2. 前項の財産につき父母が共に管理権を有しない場合において、第三者が管理者を指定しなかったときは、家庭裁判所は、子、その親族又は検察官の請求によって、その管理者を選任する。
  3. 第三者が管理者を指定したときであっても、その管理者の権限が消滅し、又はこれを改任する必要がある場合において、第三者が更に管理者を指定しないときも、前項と同様とする。
  4. 第27条から第29条までの規定は、前二項の場合について準用する。

解説[編集]

戦後の民法改正においても、明治民法と同趣旨の規定が受け継がれている。

参照条文[編集]


前条:
民法第829条
(財産の管理の計算)
民法
第4編 親族
第4章 親権
第2節 親権の効力
次条:
民法第831条
(委任の規定の準用)
このページ「民法第830条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。