民法第919条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(相続の承認及び放棄の撤回及び取消し)

第919条
  1. 相続の承認及び放棄は、第915条第一項の期間内でも、撤回することができない。
  2. 前項の規定は、第1編(総則)及び前編(親族)の規定により相続の承認又は放棄の取消しをすることを妨げない。
  3. 前項の取消権は、追認をすることができる時から六箇月間行使しないときは、時効によって消滅する。相続の承認又は放棄の時から十年を経過したときも、同様とする。
  4. 第2項の規定により限定承認又は相続の放棄の取消しをしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。


解説[編集]

  • 民法915条(相続の承認又は放棄をすべき期間)

参照条文[編集]


前条:
民法第918条
(相続財産の管理)
民法
第5編 相続
第2章 契約
第1節 総則
次条:
民法第920条
(単純承認の効力)
このページ「民法第919条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。