民法第920条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

単純承認の効力)

第920条
相続人は、単純承認をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継する。

解説[編集]

相続人は相続開始後、相続について3つの選択肢が与えられる。すなわち、1.単純承認、2.限定承認、3.相続放棄である。この選択は「自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内」(915条)にしなければならず、この期間を徒過したときは単純承認したとみなされる(921条2号)。限定承認(924条)または相続放棄(938条)をしようとするときには家庭裁判所での申述が必要である。単純承認については具体的な方式は不要である。

921条はさらに、「相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき」(1号)や、限定承認や相続放棄をした後でも相続財産を隠匿したり、消費した場合(3号)には、その相続人は単純承認をしたものとみなすと定めている。これを法定単純承認という。

単純承認の効果として、相続人は被相続人の権利義務を無限に承継する(920条)。これは、特に被相続人が債務超過に陥っていたときなどに、相続人に大きな負担を負わせることになる。

関連条文[編集]

参考文献[編集]

  • 『民法(9)相続(第4版増補版)』(有斐閣双書)(有斐閣、2000年)141頁-168頁(石川利男執筆部分)
  • 『民法Ⅴ(第2版補訂版)』(Sシリーズ)(有斐閣、2000年)150頁-153頁(伊藤昌司執筆部分)

前条:
民法第919条
(相続の承認及び放棄の撤回及び取消し)
民法
第5編 相続
第4章 相続の承認及び放棄
第2節 相続の承認
次条:
民法第921条
(法定単純承認)
このページ「民法第920条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。