民法第921条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

条文[編集]

(法定単純承認

第921条
次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一  相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第602条 に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二  相続人が第915条第1項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三  相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。

解説[編集]

相続人が単純承認をしたとみなされる場合を定めた規定である。

相続財産につき、所有者としての振る舞いがあった場合、所定の期間内に限定承認又は相続放棄の意思を表明しなかった場合、限定承認又は相続放棄の意思表明後に相続財産につき背信的行為があった場合などがあげられている。

  • 民法第602条(短期賃貸借)
  • 民法第915条(相続の承認又は放棄をすべき期間)

関連条文[編集]

判例[編集]

参考文献[編集]

  • 『民法(9)相続(第4版増補版)』(有斐閣双書)(有斐閣、2000年)141頁-168頁(石川利男執筆部分)
  • 『民法Ⅴ(第2版補訂版)』(Sシリーズ)(有斐閣、2000年)150頁-153頁(伊藤昌司執筆部分

前条:
民法第920条
(単純承認の効力)
民法
第5編 相続
第4章 相続の承認及び放棄
第2節 相続の承認
次条:
民法第922条
(限定承認)
このページ「民法第921条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。