民法第944条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

(財産分離の請求後の相続人による管理)

第944条
  1. 相続人は、単純承認をした後でも、財産分離の請求があったときは、以後、その固有財産におけるのと同一の注意をもって、相続財産の管理をしなければならない。ただし、家庭裁判所が相続財産の管理人を選任したときは、この限りでない。
  2. 第645条から第647条まで並びに第650条第一項及び第二項の規定は、前項の場合について準用する。



関連条文[編集]

  • 民法第645条(受任者による報告)
  • 民法第646条(受任者による受取物の引渡し等)
  • 民法第647条(受任者の金銭の消費についての責任)
  • 民法第650条(受任者による費用等の償還請求等)



前条:
民法第943条
(相続財産分離の請求後の相続財産の管理)
民法
第5編 相続
第5章 財産分与
次条:
民法第945条
(不動産についての財産分離の対抗要件)


このページ「民法第944条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。