ガイウス・ユリウス・カエサルの著作

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガイウス・ユリウス・カエサルの胸像。ベルリン旧博物館のアンティーク・コレクション( Antikensammlung Berlin )所蔵。

Category:文学Category:古典文学Category:古典ラテン文学
Category:ラテン語

古代ローマの政治家・武将・著述家であるガイウス・ユリウス・カエサル4世Gaius Iulius Caesar IV)の著作集。

カエサル自身が遂行した戦争の経過を古典ラテン語で著述したラテン文学の古典的名著『ガリア戦記』(Commentarii de bello Gallico)および『内乱記』(Commentarii de bello civili)などのラテン語日本語対訳。

Wikisource
ウィキソースガイウス・ユリウス・カエサルの著作があります。
Commons
ウィキメディア・コモンズに、カエサルに関連するマルチメディアがあります。
進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。


カエサルの著作[編集]

名言[編集]

付録[編集]

付録2[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]