ラテン文学の作家と著作/黄金期

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はじめに[編集]

ここでは、古典ラテン文学黄金期に著作を表した作家(Golden Age Latin writers )とその著作について、それぞれ紹介する。

黄金期は、さらに、

  • 共和制末期「キケローの時代」
  • 帝制初期「アウグストゥス時代」(Augustan literature

に細分化されている。

著名な作家の一覧[編集]

ラテン語で著作を著わした著名な作家を、時代区分・生没年の順に配列した一覧表。
日本語名・ラテン語名・英語名・仏語名ごとにソートすることができるようになっている。

時代
区分
生没年 日本語名 ラテン語名 英語名 仏語名 全 名 ジャンル 代表作 備  考
共和制
末期
前116-27 ウァッロー
(ウァロ、ワロ)
Varro Varro Varron Marcus
Terentius
Varro
博物学 『農業論』
ほか、散逸多数
ローマ最大の
人文学者
共和制
末期
前114-50 ホルテーンシウス Hortensius Hortalus Quintus
Hortensius
Quintus
Hortensius
Hortalus
Quintus
Hortensius
Hortalus
弁論
・年代記など
(散逸) キケローの好敵手として有名
共和制
末期
前110頃-66 リキニウス・マケル Licinius Macer Licinius Macer Licinius Macer Gaius
Licinius
Macer
弁論
・年代記
『年代記』
共和制
末期
前110-32 アッティクス Atticus Atticus Atticus Titus
Pomponius
Atticus
著述 『年代記』 キケローの親友として有名
共和制
末期
前106-43 キケロー Cicero Cicero Cicéron Marcus
Tullius
Cicero
弁論・
哲学
『カティリーナ弾劾』
『義務について』
 ほか多数
ラテン散文の
完成者・模範
とみなされる
共和制
末期
前100-44 カエサル Caesar Caesar César Gaius
Iulius
Caesar
戦記 ガリア戦記
内乱記
キケローと並ぶ
ラテン散文の
完成者・模範
共和制
末期
前100頃-25頃 ネポース Cornelius
Nepos
Nepos Népos Cornelius
Nepos
伝記 『著名な人物について』
ほか、散逸
共和制
末期
前99頃-55頃 ルクレーティウス Lucretius Lucretius Lucrèce Titus
Lucretius
Carus
哲学的叙事詩 『物の本性について』
共和制
末期
前86-35 サッルスティウス Sallustius Sallust Salluste Gaius
Sallustius
Crispus
歴史 『カティリーナの陰謀』
『ユグルタ戦記』
共和制
末期
前82頃-47 カルウス Calvus Calvus Calvus Gaius
Licinius
Macer
Calvus
弁論・詩 (散逸)
共和制
末期
前105頃-43 ラベリウス Laberius Laberius Laberius Decimus
Laberius
ミモス劇
共和制
末期
前85頃-43 シュルス
(シルス)
Syrus Syrus Syrus Publilius
Syrus
ミモス劇
・格言
『格言集』
共和制
末期
前84頃-54頃 カトゥッルス Catullus Catullus Catulle Gaius
Valerius
Catullus
抒情詩・
恋愛詩
『詩集』
帝制
初期
前80/50-15以後 ウィトルーウィウス Vitruvius Vitruvius Vitruve Marcus
Vitruvius
Pollio
建築、
軍事技術
『建築について』
帝制
初期
前75-後4 アシニウス・ポッリオ Asinius Pollio Asinius
Pollio
Asinius
Pollion
Gaius
Asinius
Pollio
詩、劇作、
歴史など
(伝存せず)[1]
帝制
初期
前70頃-26 ガッルス(ガルス) Gallus Gallus Gallus Gaius
Cornelius
Gallus
エレゲイア詩、弁論 (ほぼ散逸) ラテン語エレゲイア詩
の創始者、大詩人
帝制
初期
前70-19 ウェルギリウス Vergilius Virgil Virgile Publius
Vergilius
Maro
叙事詩 『アエネーイス』
『牧歌』 『農耕詩』
黄金期の最高の詩人
とみなされる
帝制
初期
前65-8 ホラーティウス Horatius Horace Horace Quintus
Horatius
Flaccus
抒情詩 『詩論』 『歌章』
『諷刺詩』 『書簡詩』
黄金期の三大詩人の
一人とされる
帝制
初期
前64頃-後17 ヒュギーヌス Hyginus Hyginus Hygin Gaius
Iulius
Hyginus
博物 『神話集』など。
散逸多数。
帝制
初期
前59頃-後17 リーウィウス Livius Livy Tite
-Live
Titus
Livius
年代記 『ローマ建国
以来の歴史』
彼の著作は
黄金期の白眉
と評される
帝制
初期
前55頃-前19 ティブッルス Tibullus Tibullus Tibulle Albius
Tibullus
エレゲイア詩 詩集
帝制
初期
前55-後20 ウェッリウス・フラックス Verrius Flaccus Verrius
Flaccus
Verrius
Flaccus
Marcus
Verrius
Flaccus
ラテン語文法
帝制
初期
前43-後17頃 オウィディウス Ovidius Ovid Ovide Publius
Ovidius
Naso
エレゲイア詩 変身物語
『祭暦』 『名婦の書簡』
『愛の技法』 『悲歌』
黄金期の三大詩人の
一人とされる
帝制
初期
前50頃-前15頃 プロペルティウス Propertius Propertius Properce Sextus
Propertius
エレゲイア詩 『詩集』 エレゲイア詩
の完成者
帝制
初期
前1世紀頃 ポンペイウス
・トログス
Pompeius
Trogus
Pompey
Trogue
Trogue
Pompée
Gnaeus
Pompeius
Trogus
博物 『ピリッポス史』
『動物について』
帝制
初期
後1世紀初め頃 マーニーリウス Manilius Manilius Manilius Marcus
Manilius
叙事詩的
教訓詩
・占星術
『アストロノミカ』
(占星術書)
帝制
初期
前-前後 en: fr: la:

目次[編集]

共和制末期「キケローの時代」の作家
#ウァッロー
#キケロー
#カエサル
#コルネリウス・ネポース
#ルクレーティウス
#サッルスティウス
#ラベリウス
#プブリリウス・スュルス(シュルス)
#カトゥッルス
帝制初期「アウグストゥス時代」の作家
#アシニウス・ポッリオ
#ウェルギリウス
#ホラーティウス
#ヒュギーヌス
#リーウィウス
#ティブッルス
#オウィディウス
#プロペルティウス
#ポンペイウス・トログス
#マーニーリウス
そのほかの作家
#アッティクス
#ウェッリウス・フラックス
#ガッルス
#カルウス
#ホルテーンシウス
#リキニウス・マケル

ウァッロー[編集]

キケロー[編集]

カエサル[編集]

コルネリウス・ネポース[編集]

ルクレーティウス[編集]

サッルスティウス[編集]

ラベリウス[編集]

プブリリウス・スュルス[編集]

カトゥッルス[編集]

アシニウス・ポッリオ[編集]

ウェルギリウス[編集]

ホラーティウス[編集]

ヒュギーヌス[編集]

リーウィウス[編集]

ティブッルス[編集]

オウィディウス[編集]

プロペルティウス[編集]

ポンペイウス・トログス[編集]

マーニーリウス[編集]

そのほかの作家[編集]

アッティクス[編集]

Wikipedia
ウィキペディアティトゥス・ポンポニウス・アッティクスの記事があります。

ティトゥス・ポンポーニウス・アッティクスTitus Pomponius Atticus:前110/109-32)は、ローマ共和制期の富豪・文芸愛好家・作家。#キケローの親友としてよく知られる。

キケローが前68年~前44年に彼に宛てた手紙を、アッティクス自身がすべて公開し、これは『アッティクス宛書簡集』(Epistulae ad Atticum)として知られる。また、伝記作家#コルネリウス・ネポースは、アッティクスの伝記を著している。アッティクス自身の著作はほぼ散逸したが、ローマの政治史や文学史を扱った『年代記』(Liber annalis)1巻のみが伝存する。詳しくは、次の記事を参照。

ウェッリウス・フラックス[編集]

Wikipedia
ウィキペディアVerrius Flaccusの記事があります。

マルクス・ウェッリウス・フラックス(Marcus Verrius Flaccus:前55頃-後20)は、帝制初期にアウグストゥス帝に仕えた文法家。

ガッルス[編集]

Wikipedia
ウィキペディアCornelius Gallusの記事があります。

ガーイウス・コルネーリウス・ガッルスGaius Cornelius Gallus:前70頃-26)は、ローマの政治家・弁論家・詩人。エレゲイア詩を書いたとされるが、散逸して残っていない。

カルウス[編集]

ガーイウス・リキニウス・マケル・カルウスGaius Licinius Macer Calvus:前82-47年)は、ローマの弁論家・詩人。弁論においては#キケローに劣らぬ名声があり、詩人としても#カトゥッルスと並ぶほどであったが、その作品はわずかな断片が残るのみである。年代記作家#リキニウス・マケルの息子。詳しくは、次の記事を参照。

ホルテーンシウス[編集]

クゥイーントゥス・ホルテーンシウス・ホルタルスQuintus Hortensius Hortalus:前114-50)は、ローマの政治家・弁論家。ローマにおける弁論の第一人者で、#キケローの好敵手として知られる。詳しくは、次の記事を参照。

リキニウス・マケル[編集]

ガーイウス・リキニウス・マケルGaius Licinius Macer:前118頃-66頃)は、ローマの政治家・年代記作家。息子は、弁論家・詩人の#カルウス

ローマ建国以来の『年代記』(Annales)(少なくとも21巻)を著したが、そのほとんどは散逸した。弁論家としても名声があった。詳しくは、次の記事を参照。

脚 注[編集]

  1. ^ 伝存しない史書はアッピアノスプルタルコスの引用で知られる

参考文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]