会社法第478条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第9章 清算 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:清算人の就任)

第478条
  1. 次に掲げる者は、清算株式会社の清算人となる。
    一 取締役(次号又は第三号に掲げる者がある場合を除く。)
    二 定款で定める者
    三 株主総会の決議によって選任された者
  2. 前項の規定により清算人となる者がないときは、裁判所は、利害関係人の申立てにより、清算人を選任する。
  3. 前二項の規定にかかわらず、第471条第六号に掲げる事由によって解散した清算株式会社については、裁判所は、利害関係人若しくは法務大臣の申立てにより又は職権で、清算人を選任する。
  4. 第1項及び第2項の規定にかかわらず、第475条第二号又は第三号に掲げる場合に該当することとなった清算株式会社については、裁判所は、利害関係人の申立てにより、清算人を選任する。
  5. 第475条各号に掲げる場合に該当することとなった時において委員会設置会社であった清算株式会社における第1項第一号及び第335条第3項の規定の適用については、第1項第一号中「取締役」とあるのは「監査委員以外の取締役」と、第335条第3項中「社外監査役」とあるのは「過去に当該監査役会設置会社又はその子会社の取締役(社外取締役を除く。)、会計参与(会計参与が法人であるときは、その職務を行うべき社員)若しくは執行役又は支配人その他の使用人となったことがないもの」とする。
  6. 第330条及び第331条第1項の規定は清算人について、同条第4項の規定は清算人会設置会社(清算人会を置く清算株式会社又はこの法律の規定により清算人会を置かなければならない清算株式会社をいう。以下同じ。)について、それぞれ準用する。この場合において、同項中「取締役は」とあるのは、「清算人は」と読み替えるものとする。

解説[編集]

  • 会社法第471条(解散の事由)
  • 会社法第475条(清算の開始原因)
  • 会社法第335条(監査役の資格等)
  • 会社法第330条(株式会社と役員等との関係)
  • 会社法第331条(取締役の資格等)

関連条文[編集]

参照条文[編集]


前条:
会社法第477条
(株主総会以外の機関の設置 )
会社法
第2編 株式会社
第9章 清算
第1節 総則
次条:
会社法第479条
(清算人の解任)
このページ「会社法第478条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。