地方自治法第135条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学行政法コンメンタール地方自治法

条文[編集]

第135条  
  1. 懲罰は、左の通りとする。
    一  公開の議場における戒告
    二  公開の議場における陳謝
    三  一定期間の出席停止
    四  除名
  2. 懲罰の動議を議題とするに当つては、議員の定数の八分の一以上の者の発議によらなければならない。
  3. 第1項第四号の除名については、当該普通地方公共団体の議会の議員の三分の二以上の者が出席し、その四分の三以上の者の同意がなければならない。

解説[編集]

関連条文[編集]

懲罰 地方自治法134条から137条

判例[編集]



このページ「地方自治法第135条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。