学習方法/中学校英語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

とりあえず中学校1年の英語の授業は信用しよう[編集]

日本の世間には、まちがった教育評論をするインチキ評論家が、たくさん、います。プロの評論家だけでなく、教育についての世間話をしてる一般のサラリーマンや主婦・OLなどの大人でも、デタラメな教育評論をする人は、たくさん、います。

英語教育についてのインチキ評論・デタラメ評論の場合、よくあるのは「日本の英語教育は、会話を軽視してる!!」(×、大ウソ)とか、「日本の英語教育は、文法しか教えない!!」(×、大ウソ)とかの類(たぐい)です。

もちろん、このようなインチキ評論やデタラメ評論の内容は、もちろん教育現場の実体からは、まったく、離れています(はなれています)。

例えば、じっさいの中学校では、英語圏出身のAET(エー イー ティー、アシスタント イングリッシュ ティーチャー)を雇って(やとって)まで、授業では、会話の練習の授業をしたりするくらいです。


デタラメな人間の大ウソには、あなたがた中学生は、だまされないように、用心しましょう。

そして特に「英語」科目は、昔っから、なぜかデタラメ評論が発生しやすい科目なのです。

もちろん、英語教育についての評論の中には、聞くに値する(あたいする)マトモな意見もあります。しかし誰がマトモな評論家で、誰がウソツキ評論家なのかを、英語をこれから習う中学1年生が、限られた時間内で判断するのは、ムリです。

なので、とりあえず中学生は、学校の英語の授業を、ほぼ信用しましょう。また、世間の英語評論家の主張については、中学生は、いったん、ほぼ無視しましょう。

仮に、どんなにレベルの低い英語教師でも、少なくとも、その教師は、教員採用試験の英語科目の試験には、合格できるワケです。また、中学高校の英語の指導法は、教科書会社や文部省がきちんと調べており、そこそこ実績のある教育方法です。

なのに、世間には、なんにも英語に関する実績のない人物であるくせに、なぜか「学校の英語教育は間違ってる!!」と自信満々に主張できるオカシな人が、残念ながらウジャウジャといます。

さて、万が一、あなたの学校の英語教師のレベルが低そうだと不安なら、けっして、なんの英語教育の実績もない(自称)評論家を信じるのではなくて、中学高校の「英語」科目の教師をしてる人物の評論を信じるとか、または学習塾の「英語」科目の講師であって実際に名門高校などに受験合格者を出してる人などによる評論を、かわりに信用するべきでしょう。


さて、中学の英語の授業では、よく、リスニング(聞き取り)と音読の練習もします。他にも、英会話音声の録音されたCDを、CDラジカセなどを使って授業中に音声を流して、生徒に聞かせたりして、そのあとに生徒にその単語を発音させるなどして、英語のリスニングの練習などもします。

他には、日本人の英語教師が会話文を音読したあとに、生徒に同じ文章を音読させたりして、練習したります。

このように、中学英語の授業は、当然、文法の授業だけでなく、会話やリスニング能力なども要求されたりもします。

また、英単語の書き取り問題の小テストなども、中学英語では、数週間おきに、行われたりもします。


もう、この例だけでも、「日本の英語教育は、会話を軽視してる!!」(×、大ウソ)とか、「日本の英語教育は、文法しか教えない!!」(×、大ウソ)とかが、大ウソのインチキ評論であるという事実が、明白です。

なのに困った事に、英語教育のインチキ評論(「日本の英語教育は、会話を軽視してる!!」(×)とか、「日本の英語教育は、文法しか教えない!!」(×)とかの)を主張する人たちの特徴(とくちょう)として、そもそも、その彼/彼女に都合の悪い事実を認めないので、いつまでも、世間からインチキ評論家は、なかなか減りません。


そしてまた困った事に、保護者の中にも、デタラメ評論(「日本の英語教育は、会話を軽視してる!!」(×)とか以下略)を鵜呑み(うのみ)にしてたり、または、あろうことか、その保護者自身が周囲にデタラメな教育評論を主張している人が、一定の割合で発生します。

なお、もし、あなたの保護者が、デタラメ英語教育評論をしてる人物の場合に、せっかく、その保護者にマチガイを指摘してあげても、無駄です。なぜなら、今まで(第三者の)他人が保護者にマチガイを指摘しても、その保護者は自分のマチガイを認めずに人生を送り続けてきて、今現在のデタラメ英語教育評論に至ってるので、その保護者は今でもマチガイをし続けてるワケです。

そういう馬鹿な保護者には、せっかく保護者のマチガイを教えてあげても、感謝されるどころか、むしろ、叱られ(しかられ)かねません。

昔から、馬鹿な人ほど、「自分は頭がいい!」と思っています(実績が無いくせに)。英語の分野では、デタラメな英語教育評論を信じてる人ほど、「自分の英語教育理論は正しい」と思ってます(ろくに英語文献も読めないくせに)。


貧乏人は教科書ガイドを買うべき[編集]

さて、英語科目では、教科書を読んでも和訳が書いてないので、教科書だけでは、ろくに予習・復習できません。ということは、定期テスト前に、教科書だけでは復習できません。しかし、つぎに述べる理由で、日本では、中学校の定期テストでの成績が悪いだけで、日本の高校入試では大変なことになってしまいます。

なぜなら、日本の教育制度では、中学校の成績で、公立高校の入試の得点が4割〜5割くらい決まります。 なので、もし中学の成績が悪いと、そのせいで公立高校への進学が、むずかしくなります。そして貧乏人は、学費の安い公立高校に進学できないと、高校進学そのものが難しくなり、借金をして私学(学費が高い!)に進学するか、定時制の夜間高校へ進学するか、不良が多くて治安の悪化してしまった底偏差値の高校に行くか、不人気な職業高校に進学するか、・・・という進路になってしまいます。

内申点は、中学の成績で決まるので、どんなに高校入試の筆記試験ができても、もし中学の成績が悪いと、そのせいで高校進学が難しくなってしまいます。


なので、塾に行くか、教科書ガイドに頼る必要があります。

そして、塾に行けない貧乏人は、教科書ガイドに頼ることになります。

いっぽう参考書だと、教科書以外のことも書いてあるので、内容が膨大すぎて、テスト前に復習するのは大変です。

高校入試対策をするぶんには参考書はよいのですが、定期試験対策には、参考書では、ちょっと大変です。

特に1年生のうちは、参考書よりも教科書ガイドに頼ったほうが安全でしょう。


※ 公立高校の内申書重視の制度には、一部の評論家から批判が出てますが、いっこうに廃止・改革などの運動が起きません。それどころか、政府の教育方針で、今後は大学入試ですら、推薦入試重視などの方針を政府は打ち出しており、高校の成績の内申書のようなものを大学入試で重視させようとしているらしい・・・ようです。なので、もう何十年かは、内申書重視の制度が続くでしょう。


検定教科書じたいは、きちんと色々と教えてるのですが、制度じたいが欠陥なのです。

もちろん、教科書ガイドがなくても、教科書と授業ノートだけでも、そこそこの勉強じたいはできるし、授業のノートを振り返れば復習もできるのですが、

しかし、定期テストでの競争相手である他の生徒の何割かの人達が、授業の範囲内のことだけを丸暗記をしてくるのですよ。

すると、内申点のため、そういう競争に対応する必要があるので結果、テスト前の勉強では、やたらと細かいことを覚えざるを得なくなり、結果的に、教科書ガイドなどで教科書の内容を確認する必要が生じてしまうんですよ。


「脱ゆとり教育」で英語教育の方針が大幅に変わってる[編集]

2005年ごろだったか、ゆとり教育の方針を政府が撤回したこともあり、現在の英語教科書は、90年代ごろの教科書と比べて、かなり記述が増えてます。また、現在では、小学校の後半でも英語教育を導入してますし。

よって現在は、昔の中学とは違って、英語の教育方針が変わってそうです。

90年代ごろの昔は、教科書に英語の記述が少なかったぶん、その単語をじっくり、きちんと練習して覚えられるかが問われました。

ですが、現在では、教科書が紹介する単語がとても多く、たとえば、教科書のさいしょのほうで「octopus」(タコのこと)とか「wednesday」(木曜日)とか紹介していたり、とても中学1年生が、いきなり全部は覚えきれません。(もっとも、いきなりスペルを覚えさせるわけでもないだろうが。とりあえず目で見させておいて、慣れさせる目的かと。)

文法事項も、いまや1年生で、動詞の過去形とか、 those とか him とか、I , my , me , mine とか、 When とか What とか Where とか、いろいろと教えてます。

にもかかわらず、内申書重視の制度のせいで、教科書の英単語や文法などをいきなり覚えないと、高校入試が大変になってしまいます。

なので、教科書ガイドで効率よく学ぶ必要があります。

もし参考書で、そのまま真正面から覚えようとすると、かなり多くのことを勉強することになってしまいかねず、大変です。なので、学習の負担を減らすために、教科書ガイドが必要でしょう。


  • 馬鹿な大人に ダマサレないように

なお、世間の大人達の中には、中学英語の教育方針の変化を知らず、しかも英語も不得意なのに、知ったかぶりを言って英語教育を評論する人も多そうなので、そういうダメな大人の英語教育論にはダマサレないように気をつけましょう。

特に英語教育では、教育評論を知たがる馬鹿な大人が多いので(その馬鹿な大人が、自分が英語が苦手な理由を、「日本の教育制度のせいだ!」に責任転嫁したがる)、注意が必要です。

こまったことに、こういう馬鹿な大人でも選挙権を持っており、その馬鹿な大人のせいで、政治家の教育政策に悪影響を与え、日本の教育制度に悪影響を与えています。


英語を書く練習をサボらない。[編集]

英語の学習で、単語を覚えるときは、例文をいっしょに書くことで、覚えて下さい。読むだけではなく、例文ごと単語を書いて下さい。例文ごと書くと、単語と一緒に文法も頭に入るので覚えやすくなります。 音読を練習することは構いませんし、音読もしたほうが良いですが、読む練習だけでなく、必ず書く練習もして下さい。

また、黙読(「もくどく」。口に出さずに読むこと。)と書き取り練習となら、なるべく書き取りを多く練習して下さい。

小学校で漢字を覚えるときに、書き取りの練習をしたでしょう。それと同様に、英語でも例文や英単語を書いて覚えて下さい。

単語だけ覚えても、まず使えこなせませんし、すぐ忘れてしまいます。

参考書を買うと文例が多いので学びやすいです。

※ 教科書ガイドも、もちろん買っておくべきです。現在の中学英語は、そういう科目です。90年代の昔とは、今の中学英語は違います。

英語の学習では、参考書も買って読んだほうが良いでしょう。[編集]

学校教科書と教科書ガイドと参考書の3冊で学んだほうが良いと思います。

参考書を買うべき理由(1) :教科書だけでは文例が少ない。文例が少ないと、英語を学びづらい。
参考書を買うべき理由(2) :学校の定期テストでは、あなたの中学校の授業で扱った内容からしか出題されないが、高校入試では、あなたの中学校の授業進度には合わせてくれない。


また、参考書や単語集などを買うときは、例文がある本を買うと良いでしょう。学研や文英堂や旺文社や数研出版や受験研究社など、ふつうの中学参考書の出版社が出してる参考書なら、例文が書いてあります。そういう、学生向けの学習参考書をだしてる専門の出版社の参考書を買いましょう。

英語の場合、上記の出版社以外にも、一般向けの語学書を出してる出版社も多いのですが、そういう一般向けの語学書は、中学生には、合っていません。


中学の参考書では、学年ごとに冊が分かれているタイプの参考書と、3学年ぶんが ひとまとめ のタイプの参考書があります。

英語の中学生用の参考書を買う場合、すくなくとも1冊は、ひとまとめタイプが必要です。なぜなら、単語や文法項目を調べるさい、いちいち、「この単語は何年生でならう単語だったか?」など学年の割り当てを思いだすのは、学生には不要な手間だからです。しかも、検定教科書の出版社によっては、いっぱんに2年生でならう単語や文法を、1年生の教科書でも紹介してたりします。

たとえば、dictionary (ディクショナリー、意味:辞書)という単語を、1年生の後半で教えるか、それとも2年生で教えるか、そういうのは検定教科書の出版社ごとに、ちがってたりします。

つまり、英単語の学年の割り当ては、あまりハッキリは区別されてません。

1年の1学期で習うような、dog や pencil などのような、ごく初歩的な単語が、「初心者である1年生の1学期には、このような簡単な単語で、まずは教えるべき」というような合意があるくらいです。

あとの単語は、あまり、学年の割り当てが、決まってません。

なので、参考書を買うときには、全学年をとおして1冊の参考書で説明してる、ひとまとめタイプの本が、すくなくとも1冊は必要です。

文法についても、くわしくは2年で習う文法であっても、1年の後半あたりで、その文法の初歩的なぶぶんを紹介してる検定教科書もあります。くわしくは3年であつかう文法でも、2年に紹介する検定教科書もあります。

単語集は2年ごろから使う[編集]

学校で習う単語と、高校受験や大学受験で使う単語量には、大きな差があります。なので、中学2年生ごろから単語集で、単語の知識を増やすと良いでしょう。

なお、いきなり1年からは、単語集が使いこなせません。まず、I とか have とか am とか Do you とかの入門的な単語や文法を、参考書や教科書ガイドなどで勉強しておく必要があります。

でも2年生になったら、そのような入門的な文法やは習ってるので、単語集で、どんどん先取り勉強しましょう。

単語集を買うとき、例文のついている単語集を、買ってください。

さて、単語集で単語の勉強をする際は、単語を5回〜10回ほど、書き写すのはもちろん、例文も少なくとも1回は書き写します。もちろん、まだ書いただけでは覚えられません。

けっして、あせって「全部、いっぺんに覚えよう」とかして、けっして、いっきに1つの単語を100回とか書き写す必要はありません。

もし1つの単語を100回も書き写すぐらいなら(1×100)、それよりも20個の単語を5回ずつ書き写す(20×5)という練習コースのほうがマシです。

当然、たった数回書いただけでは、覚えられません。

しかし、「まだ覚えてない」といって、けっして、無理して、いきなり「単語を、単語集の順番どおりに、全てを覚えよう」なんて、思う必要はありません。

どうせ、いきなり100回とか書いても、意外と、あまり記憶に残りません。そもそも小学校のころの漢字の書きとり練習だって、けっして、いきなり1文字100回とか、書きとり練習してないはずです。

もし、いきなり単語集のひとつの単語をおぼえようと何十回と書きとり練習するくらいなら、それよりも学校の英語の定期テストででてくる単語を教科書ガイドなどで練習したほうが、内申書などの観点でもマシです。

高校受験用の英単語は、ようするに最終的に高校受験のころまでに、中学単語集レベルの単語が、身についていれば良いのです。


そもそも、学校の授業との勉強時間の兼ね合いや、他科目との勉強時間との兼ね合いで、単語を練習するのに時間があまり取れません。なので、あまり単語集に無理して取り組み必要もありません。

とりあえず、他の多くの中学生のなかには、学校配布の教材以外には、ろくに市販の参考書や単語集を勉強してない人もいます。

そのなかで、もし、あなたが単語集を練習していれば、それだけで単語力に、他人と大きな差をつけられ、あなたは優位に立てます。なので、けっして、あせって「全部、いっぺんに覚えよう」とかして、けっして、いっきに1つの単語を100回とか書き写す必要はありません。

なお、じつは you とか play とか have などの基本的な単語については、わざわざ単語集で勉強しなくても、参考書や教科書ガイドの例文を書き写すうちにも自然と練習していきますので、もしすでに参考書なども勉強してるなら、あまり何回も単語集で冒頭の単語ばかりを繰り返す必要もありません。

なので、単語を覚えられたかどうかは無視して、とりあえず、どんどん単語集のうしろのほうへ向かって、いろんな単語を練習していくほうが、おトクです。

なお、中学の段階では、発音の正確さとかは、あまり気にしなくてよいです。単語の つづり が書けることのほうが、発音よりも、もっと大切です。

じつをいうと、単語集を買わなくても、中学英語の参考書には、簡単な単語解説が、その本のどこかに書いてあるのが普通です。 ですが、やっぱり単語集があったほうが、単語については勉強しやすいのも事実です。また、単語集があると、辞書のかわりになるので、いろいろと便利です。

文法学習について[編集]

例文を書きうつす練習の必要がある[編集]

文法に関しては、文例を書き写しながら、学んでいくと良いでしょう。

理由を、つぎの節で説明する。

1年生の例[編集]

たとえば、参考書などに、形容詞(けいようし)の使いかたの説明で、たとえば

Tom is tall. (トム イズ トール) トムは、背が高い。
His bag is big. (ヒズ バッグ イズ ビッグ)彼のカバンは大きい。

という例文が書いてあったら、まず、その例文ごと、書きとり練習用紙に書き写して、練習します。

けっして、「tall」「big」などの単語だけを書いて、書きとり練習を終わり、なんて、しないでください。

なぜなら、もしテストで、「彼のカバンは大きい」という文章を書かせる問題を出されたら、「彼の」→「his」、「カバン」→「bag」など、ほかの単語も書けないと、テスト問題を解けません。

このように、文法によっては、関連する単語の つづり も、いっしょに覚える必要があります。

そして、1年生の定期テストですら、このぐらいの関連単語の知識が、当然のごとく、定期テストですら、要求されます。


2年生の例[編集]

また、たとえば2年生の、形容詞の比較級・最上級の単元が出てくる2年生あたりの定期テストなら、 たとえ文法規則だけを理解しても、テストでは(定期テストでも入試でも)、それだけだと、ダメなのです。

たとえば、もし、形容詞 tall(トール、意味: 背が高い) のつづりを知らないと、

たとえ「語尾に 比較は-er,最上級は-estがつく」という規則や「 <形容詞の語尾にer + than 〜> で「〜よりも・・・である」の意味」などの規則を理解しても、

そもそも、もともとの tall などの単語が書けなければ、taller も tallest も書けなくなります。

つまり、文法規則は、単語の知識と組み合わせないと、活用できません。なので、単語を知らないと、その文法のテスト問題も、解けないのです。


だから、形容詞の比較の勉強をするさいには、形容詞 tall とか、 形容詞 old (オールド、古い) とか、形容詞 big(ビッグ、大きい) とか、・・・、など、形容詞の つづり も、いっしょに覚える必要があります。

いっぽう、文法学習のさいに、例文を書き写せば、tall とか old のような、その文法に関連する単語も、いっしょに覚えられるので、安心なわけです。


たとえば、参考書などに、

Tom is taller than Bob. トムは、ボブよりも、背が高い。

とかのように、参考書に、その文法の例文で、単語も(この場合は tall )、いっしょに書いてあるわけです。

また、それまでに習った、ほかの文法規則も使いこなす必要も、応用問題として、定期テストですら当然のごとく、要求されます。

たとえ、 taller とか older とか bigger とかが書けても、たとえば

His bag is bigger than mine. (ヒズ バッグ イズ ビッガー ザン マイン)彼のカバンは、私のより大きい。

という例文を書かせる定期テスト問題なら、

所有格(例文ではhis)の使い方、
be動詞(is)、
「〜のもの」という格(例文では mine)、

など、ほかの文法事項の単語も書く必要があるわけです。

しかも、定期テストのレベルですら、当然のごとく、授業で今までに習った多くの文法の組み合わせが、要求されるわけです。

こう聞くと、むずかしそうに聞こえますが、普段から書き取り練習をしていれば、あまり心配ありません。 なぜなら、ふだんから参考書や教科書ガイドなどで、書き取り練習をきちんとしていれば、しぜんと、文法の組み合わせが、身についていきます。

なぜなら、教科書や参考書での説明の順序も、文法を段階的に学習していきやすい順序で説明してますし。


発音記号について[編集]

発音記号は、読めるようにしてください。カタカナなどで発音記号の横などに読みを書くのもよいですが、発音記号が読めるように目指してして下さい。

入試では、単語の発音を問う問題も出ます。なので問題集などで、入試に発音問題が良く出る単語を確認して、発音を覚えてください。

  • 入試の発音問題について

発音問題は、入試に英単語と発音記号を照らしあわせる問題は出ます。ですが、自分で発音することは、推薦入試などでの口答試験でもない限りは、入試には発音は出ません。

たとえ英単語と発音記号を照らし合わせる問題を解く場合にしても、単語の知識が必要です。

参考書の英単語は一通り、すべてを学ぼう。[編集]

中学校の 参考書で 習う単語は、基礎的な単語です。


さて、高校入試に出てくる単語も、よほどの難関高校の入試問題でない限り、イギリス人やアメリカ人なら知ってて当然ともいえるような基礎的な英単語が、出題されています。

なので、参考書で、中学英語・高校入試英語での 標準的 な単語を、すべて学んで下さい。

大学進学を目指す場合、どのみち、大学入試では、ほとんどの大学の一般入試で英語が出題されます。また、原則的に高校や大学の必修教科として英語は設定されています。なので、中学レベルの英単語は、高校の授業でも必要になり、大学入試でも必要になります。

キュウリ cucumber(キューカンバー)など、あまり応用の効かない単語など[編集]

検定教科書だと、日常表現や生活で使う単語などで、たとえば cucumber(キューカンバー、キュウリ)など、あまり入試では、書かない表現なども、のってたりします。

教科書の巻末のほうに、そういう、生活などで使いそうな単語などの一覧があったりします。

ですが、それらの、入試ではあまり書かなそうな単語であっても、せめて読めるようにしておく必要と、意味を知るようにする必要はあります。

まず、学校の定期テストでは、そのような単語も、過去の授業であつかってれば、出題範囲です。

また、高校入試にも、いちおう検定教科書に cucumber とかは書いてあるわけですから、公立高校の入試にも、出題される可能性は、いちおう、あるわけです。

また、時間があれば、発音などの勉強にも、なるから、 「cucumber」 などの書きとり練習を、教科書に出て来る単語なら、すくなくとも1回は、たとえ入試では「書き」が出題されない単語であっても、書き取り練習をしておくと、よいでしょう。

たとえば、 「cucumber」 を書きとり練習していくうちに、 cu で「キュー」と読む場合もあることや、「m」で「ン」と読む場合もあるとか、自然に覚えていきます。

また、その単語といっしょに、関連の単語も書き取り練習すれば(同じページや近くのページに、関連語も書いてある)、関連語もしぜんに覚えていきます。 たとえば、cucumber の関連語になりそうな、野菜 vegetable (ベジタブル)、空腹 hungry(ハングリー)、たべもの food (フード)、夕食 dinner(ディナー)、 レタス lettuce (レタス)、キャベツ cabbage (キャベッジ)、たまねぎ onion (オニオン)、ニンジン carrot (キャロット)、トウモロコシ corn (コーン)、・・・とか、自然に覚えていくわけです。

たとえ cucumber そのものは入試に出なくても、上記の関連語が、入試に出て来る可能性だって、あるわけです。

参考書の付録CD について[編集]

参考書を買うと、付録にCDがついてたりします。 これらは、英語のリスニング(聞き取り)の勉強になるのはもちろん、単語の発音を覚えると、つづり も覚えすくなるので、書きとりの効率も上がります。

これらのCDで、リスニングを聞いたほうが、いいのです。

いいのですが、次にのべる、注意点があります。

注意[編集]

聞くだけでは、おぼえられません[編集]

なお、リスニングを聞くだけでは、英語を覚えられません。単語の意味や つづり を知らないと、記憶の効率が下がります。

たとえば、もし名前「name」(ネーム、意味:名前)という単語を知らないと、 せっかく「What's your name?」(ホワッツユアネーム、 意味: あなたの名前はなんですか?)という慣用表現を、CDで聞いても、あまり記憶に残りません。

また、音だけを覚えても、ほかの慣用表現と混同してしまうマチガイをする恐れもあります。

「What time is it now?」(ホワットタイム イズ イット ナウ?、意味: 時間を教えて。)と「What's your name.」を混同する恐れなどがあります。

また、たとえば、

「彼女の名前を教えて」 What's her name? (ホワッツ ハー ネーム)

など、応用的な表現が、たんに慣用表現の音声を覚えるだけでは、理解できません。

ましてや、

「彼女の父さんの名前を教えてよ」 What's her father name? (ホワッツ ハー ファーザー ネーム)

とかになると、もはや慣用表現を覚えるだけでは、お手上げ(あてあげ)です。

だから、何度か聞いて、音声が頭に残ったら、あとは、まずは書きとり練習をしながら、しだいに文法を勉強していくほうがイイです。

参考書を読めば、その単語の意味も、いっしょに書いてあるので、つづりを書きとり練習しながら、意味もいっしょに、覚えましょう。

最終的には、書きとりを練習しないと、つづり を覚えられません。

入試で出るのは、書きとり[編集]

そして、入試で出るのは、書きとりです。 実用性も、書きとりのほうが実用的です。

なぜなら、もし単語が書ければ、しぜんと、英文も読めるようになります。もし英文が読めないと、英語で書かれた書籍が読めません。

なので、書きとりのほうが、リスニングよりも、大切です。

あまりリスニングに深入りはしないほうが、いい[編集]

なので、あまりリスニングに深入りはしないほうがイイでしょう。

ふだんの勉強では、書きとり練習を、中心にするべきです。

だから、リスニングCD は、補助的に、つかってください。


リスニングCDの良いところ[編集]

「How are you?」(ハウ アー ユー、意味: お元気ですか)などの慣用表現は、聞いているうちに、自然に覚えていきます。

さらに、慣用表現などを覚えると、たとえば「How are you ?」を覚えれば、

ついでに疑問詞「How」を覚えたり、be動詞「are」を覚えたり、代名詞「you」を覚えたり、さらに「代名詞you のときのbe動詞は are 」と覚えたり、・・・

など、けっこう多くの文法事項を、しぜんと覚えていきます。

何度かくりかえして、CD を聞きましょう。


発声練習しなくても、かまいません[編集]

逆にいうと、自分の発音には、あまりコダワル必要は、ありません。 はっきりいうと、いちいち発声練習しなくても、かまいません。


もし、発声練習したいなら、CDで聞いたばかりの、現時点のあなたが出来る範囲での、それっぽい発音でも、かまいません。あるいは、中学校で、日本人の英語科の先生が、中学生が聞き取りやすいように発音してるような発音でも、かまいません。

つまり、あまり、発音の正確性には、こだわる必要がありません。

だいたい、せっかく発音にコダワッタところで、あなたの周囲には、欧米人の親類とか、欧米人の友人とかが、イナイのが普通ですので、発音の確認が、できません。

発声練習するヒマがあるなら、すくなくとも3周くらいはCDを聞いたり、書きとり練習をするほうが、得(とく)です。

発声練習には、意外と時間が掛かります。なので、あまり、深入りしないほうが、得(とく)です。

学校などでも、発声練習を授業で、するはずなので、そういう学校での機会も利用しましょう。

家庭での自習リスニングでは、けっして、やみくもに、すべての単語や例文を、家庭で発声練習するのでは、ありません。やみくもではなくて、たとえば慣用表現を重点的に発声練習するとか、自分が覚えらづらい重要単語を発声練習するとか、そういうふうに工夫をすると、時間の使いかたが効率的かもしれません(← 推測)。

単語学習について[編集]

単語には名詞、動詞、形容詞、副詞などがあります。

これらの品詞を、バランスよく、書きとり勉強してください。

もし教科書巻末の資料などで単語を書きとり練習する場合、けっして名詞だけの練習に片寄らないように、注意してください。

あと、もしまだ参考書を買ってなければ、単語学習のためにも、参考書を買っておいてください。

なお、名詞は、日常的な名詞でも数が膨大にありますが、いっぽう動詞や形容詞や副詞は、基本的な単語なら、比較的、数が限られています。

しかも、テストでは、文法事項などの問題とからめて、動詞や形容詞などは出題されやすいので、とくに動詞・形容詞を多めに勉強すると、お得でしょう。過去形の問題では、当然、動詞の過去形が問われますが、そのさい、その動詞の意味や、つづりも問われます。

動詞や形容詞をやや中心的に、書きとり勉強するのが、よいでしょう。

なので名詞を練習する場合は、2年生以降は、たとえば cucumber (きゅうり)ではなく vegetables(野菜)などの抽象的な分類の語句を練習するとか、そういう応用範囲が広い単語を中心に勉強してください。あと、fishは単数形も複数形も同じであるとか、そういう文法と関連して入試に出そうなところを重点的に練習してください。


英語教育で、よくあるデマ[編集]

デマ: 「関係代名詞なんて、現代英語では使わない!!」[編集]

タイトルのように「関係代名詞なんて、現代英語では使わない!!」というデマが、世間には、チラホラあります。

しかし、英字新聞を読むと、よく関係代名詞は使われます。

ニュースの報道対象の人物の名前を出した後に、その人がどこの組織の人なのかとか、何を仕事にしてる人なのか等を説明するときに、関係代名詞が便利なので、よく使われます。

「関係代名詞なんて、現代英語では使わない! 関係代名詞なんて古文だ!!」と言ってるバカは、英字新聞も読めないくせに、英語教育に文句をつけてるバカなので、無視をしましょう。


資格試験など[編集]

学校の授業ではありませんが、しばしば私立高校入試の自己推薦などで、英検やTOEICなどの、英語系の検定試験の成績をアピールする方法があります。

なお、(私立ではなく)公立高校の入試の場合、内申点がありますので、TOEICや英検よりも学校のテスト対策を優先したほうが安全です。

英検とTOEICとでは、なるべく英検を先に受験したほうが、中学レベルでは得(とく)です。

TOEICは、受験範囲が中学レベルにはあわせてないので、ふつうの中学生が受験しても、あまり学力を正確に、はかれません。

英検は中学の定期テストよりも、やや難しい[編集]

さて、英検の難易度ですが、よく「英検5球は中1レベル」「英検4級は中2レベル」「英検3級は中3レベル」とか言われますが、実際はもうすこし難しく、「英検3級を受験して、合格だけでなく高得点を取れるレベルとは、高校受験でそこそこ偏差値の高い高校に合格するレベル」という意味です。

つまり、けっして、通う中学校の定期テストがスラスラと解けるからといって、英検3級がスラスラと解けるわけではないのです。

なぜなら英検は、けっして、あなたの通う中学校の教科書だけに試験範囲を合わせてくれないのです。なので、実際は「英検5級は、中学2年生を終えるころには、そこそこ解ける」「英検4級は、中学3年生を終えるころには、そこそこ解ける」「英検3級は、高校1年生を終えるころには、そこそこ解ける」という感じです。

なので、英検受験の級を選ぶときには気をつけてください。

もっとも、たまたま自分の通う中学校の3年で習った範囲と英検3級の出題範囲が一致して、あまり学力の高くない中学3年生でも英検3級に合格する場合もありますが、しかし、これは単にヤマが当たっただけの偶然です。

また、基本的に英検3級は高校で習う単語や文法は出さないので、中学レベルの単語や文法しか知らない人が、うろ覚えでも、中学レベルの自分の習った範囲しか出ないことを利用して、読解などを当てずっぽうで答案を書いても、そこそこ合格できてしまいます。このような特徴のため、私立の偏差値の高い進学校では、あまり英検3級などの資格を信用しない場合もありえますので、自分の受験にとって、どのていど英検の対策に深入りするか、3年生の後半ごろまでには考えておきましょう。

偏差値のそこそこ以上に高い私学は、一般に英語入試で、高校1年レベルの単語を要求します。なので、偏差値の高い私立高校に合格したいなら、英語の勉強では、中学レベルのマニアックな単語をどんなに正確に書けても、そんなのよりも高校1年レベルにとっての平均レベルの単語を覚えるほうが重要になります。

また、じつは英検は、出題範囲が、びみょうに中学範囲とはズレています。なぜなら英検は大人も受験したり、生活英語・旅行英語などの初歩もあるからです。そのため、中学生時点で英検3級に合格するのを確実にしたいなら、英検3級対策用の参考書とその勉強に時間をかける事が必要になります。

しかし、高校受験に出題されるのは、けっして英検3級用の参考書にある単語・文法ではなく、高校受験用の単語・文法です。高校が中学生に要求する知識は当然、高校入試に出され、それは高校受験用の参考書にあるわけですから。「英検3級対策」と「高校受験の英語対策」とは、共通部分も多く似ていてますが、あくまで別モノですので、けっして混同しないように気をつけましょう。


私立高校受験では、応募用紙などに英検3級などの資格を書く欄がある場合があり、英検3級以上(英検3級、準2級、2級、準1級、1級)なら書いていいという場合が多いですが、しかし英検3級以上は、けっこう英検対策に時間を取られますので、気をつけてください。

中学生には英語以外にも勉強する科目があります。

TOEICは高校1〜2年生以上の範囲[編集]

さて、TOEICは、日本だけでなく韓国などのアジア諸国でも有名な英語の検定試験ですが、しかし残念ながら、中学生には、TOEICを頑張っても利点が少ないのです。中学生の場合、よほど英語が得意でないかぎり、TOEICよりも英検を受けたほうが安全です。


まず、TOEICの場合、たいてい4択問題です(採点の手間を省くため)。TOEICはマークシート式の試験です。

このため、デタラメに解いても、TOEICでは、25%は得点できてしまいます。TOEICは990点満点(約1000点)ですので、つまり、デタラメにマークしても約250点を取れてしまいます。


しかし、英語を勉強しはじめたばかりの中学生にとっては、その25%である250点の部分を、デタラメでなくて、中学英語を理解しながら正解することすら、とても難しいなのです。

せっかく中学生が、TOEICの試験で、デタラメではなく中学英語を理解して25%を正解できるように自己トレーニングしてきても、私立高校の自己推薦では、デタラメにマークシートに印をつけた人と一緒にされてしまいかねません。

また、TOEICの英語のレベルも、高校卒業以上を想定していますので(そもそも、もとは海外での移住のための英語能力を測定する試験)、中学レベルにはあってません。このため、頑張って 高校レベルの英単語を勉強して250点くらいを取っても、デタラメにマークをつけて250点を取った人と一緒にされてしまいます。

TOEICには、こういう問題点がありますので、どうしても高校入試の自己推薦のために英語の資格試験を受けたい場合、中学生の場合、よほど英語が得意でないかぎり、TOEICよりも英検を受けたほうが安全です。英検の場合、英検5級~3級は中学レベルに合わせてありますので、それらを5級から順に受けると安全です。


なお、私立大学の自己推薦で使えるTOEICの点数は、普通、500点以上です。難関の大学だと600点以上を要求する大学もあります。 これは、けっこう難しく、高校生でもTOEIC平均点は350~400点くらいです。


なお、TOEICの範囲の単語は、高校レベルを越えていたりします。なので、一般的な大学受験で要求される単語とは、TOEICはけっこう傾向が違います。

平均的なレベルの大学をめざす場合、国語や数学など、英語以外の他の教科の勉強も必要ですので、TOEIC対策に深入りしすぎて、英語以外の科目の学習時間を減らさない用に気をつけましょう。