民事訴訟法第163条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(当事者照会)

第163条
当事者は、訴訟の係属中、相手方に対し、主張又は立証を準備するために必要な事項について、相当の期間を定めて、書面で回答するよう、書面で照会をすることができる。ただし、その照会が次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。
一 具体的又は個別的でない照会
二 相手方を侮辱し、又は困惑させる照会
三 既にした照会と重複する照会
四 意見を求める照会
五 相手方が回答するために不相当な費用又は時間を要する照会
第198条又は第197条の規定により証言を拒絶することができる事項と同様の事項についての照会

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第162条
(準備書面等の提出期間)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続
第3章 口頭弁論及びその準備
第2節 準備書面等
次条:
民事訴訟法第164条
(準備的口頭弁論の開始)
このページ「民事訴訟法第163条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。