民法第392条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

共同抵当における代価の配当)

第392条
  1. 債権者が同一の債権の担保として数個の不動産につき抵当権を有する場合において、同時にその代価を配当すべきときはその各不動産の価額に応じて、その債権の負担を按分する
  2. 債権者が同一の債権の担保として数個の不動産につき抵当権を有する場合において、ある不動産の代価のみを配当すべきときは、抵当権者は、その代価から債権の全部の弁済を受けることができる。この場合において、次順位の抵当権者は、その弁済を受ける抵当権者が前項の規定に従い他の不動産の代価から弁済を受けるべき金額を限度として、その抵当権者にw:代位して抵当権を行使することができる。

解説[編集]

共同抵当の場合に、抵当権の実行順序によって、次順位の抵当権者に不測の損害を及ぼさないよう同時配当の場合(1項)と異時配当の場合(2項)ように規定が定められている。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第391条
(抵当不動産の第三取得者による費用の償還請求)
民法

第2編 物権
第10章 抵当権
第2節 抵当権の効力

次条:
民法第393条
(共同抵当における代位の付記登記)
このページ「民法第392条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。