民法第372条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権

条文[編集]

留置権等の規定の準用

第372条
第296条第304条及び第351条の規定は、w:抵当権について準用する。

解説[編集]

  • 第296条(留置権の不可分性)
  • 第304条(物上代位)
  • 第351条(物上保証人の求償権)

留置権、先取特権質権についての規定の一部が抵当権に準用されることを定めた規定である。具体的には、不可分性、物上代位性、設定順位の優劣についての規定である。

参照条文[編集]

判例[編集]

抵当権者は、物上代位の目的債権が譲渡され第三者に対する対抗要件が備えられた後においても、自ら目的債権を差し押さえて物上代位権を行使することができる。

前条:
民法第371条
(抵当権の効力の及ぶ範囲)
民法
第2編 物権
第10章 抵当権
第1節 総則
次条:
民法第373条
(抵当権の順位)
このページ「民法第372条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。