民法第579条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(買戻しの特約)

第579条
不動産の売主は、売買契約と同時にした買戻しの特約により、買主が支払った代金及び契約の費用を返還して、売買の解除をすることができる。この場合において、当事者が別段の意思を表示しなかったときは、不動産の果実と代金の利息とは相殺したものとみなす。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第578条
(売主による代金の供託の請求)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第3節 売買
次条:
民法第580条
(買戻しの期間)
このページ「民法第579条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。