民法第602条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

短期賃貸借

第602条
処分につき行為能力の制限を受けた者又は処分の権限を有しない者が賃貸借をする場合には、次の各号に掲げる賃貸借は、それぞれ当該各号に定める期間を超えることができない。
  1. 樹木の栽植又は伐採を目的とする山林の賃貸借 十年
  2. 前号に掲げる賃貸借以外の土地の賃貸借 五年
  3. 建物の賃貸借 三年
  4. 動産の賃貸借 六箇月

解説[編集]

制限行為能力者による賃貸借や他人物賃貸の存在期間の制約について規定している。 短期賃貸借がもたらす抵当権者への制約の規定は第2編に存在したが、廃止された。

参照条文[編集]

判例[編集]



前条:
民法第601条
(賃貸借)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第7節 賃貸借
次条:
民法第603条
(短期賃貸借の更新)
このページ「民法第602条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。