民法第601条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

賃貸借

第601条
賃貸借は、当事者の一方がある物の使用及び収益を相手方にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第600条
(損害賠償及び費用の償還の請求権についての期間の制限)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第7節 賃貸借
次条:
民法第602条
(短期賃貸借)
このページ「民法第601条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。