民法第771条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学民事法民法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(協議上の離婚の規定の準用

第771条
第766条から第769条までの規定は、裁判上の離婚について準用する。

解説[編集]

  • 第766条(離婚後の子の監護に関する事項の定め等)
  • 第767条(離婚による復氏等)
  • 第768条(財産分与)
  • 第769条(離婚による復氏の際の権利の承継)

それぞれ離婚の効果一般についての規定であるため、裁判上の離婚についても準用される。
一方、民法第764条(婚姻の規定の準用)や民法第765条(離婚の届出の受理)は、離婚の意思表示や届出を前提とする規定であることから、裁判上の離婚の規定の準用はなされない。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第770条
(裁判上の離婚)
民法
第4編 親族
第2章 婚姻
第4節 離婚
次条:
民法第772条
(嫡出の推定)
このページ「民法第771条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。