会社法第383条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第4章 機関 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:取締役会への出席義務等)

第383条
  1. w:監査役は、取締役会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べなければならない。ただし、監査役が二人以上ある場合において、第373条第1項の規定による特別取締役による議決の定めがあるときは、監査役の互選によって、監査役の中から特に同条第二項の取締役会に出席する監査役を定めることができる。
  2. 監査役は、前条に規定する場合において、必要があると認めるときは、取締役(第366条第1項ただし書に規定する場合にあっては、招集権者)に対し、取締役会の招集を請求することができる。
  3. 前項の規定による請求があった日から五日以内に、その請求があった日から二週間以内の日を取締役会の日とする取締役会の招集の通知が発せられない場合は、その請求をした監査役は、取締役会を招集することができる。
  4. 前二項の規定は、第373条第2項の取締役会については、適用しない。

解説[編集]

  • 会社法第373条(特別取締役による取締役会の決議)
  • 会社法第366条(招集権者)

関連条文[編集]


前条:
会社法第382条
(取締役への報告義務)
会社法
第2編 株式会社
第4章 機関
第7節 監査役
次条:
会社法第384条
(株主総会に対する報告義務)
このページ「会社法第383条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。