コンテンツにスキップ

建物の区分所有等に関する法律第49条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法建物の区分所有等に関する法律コンメンタール建物の区分所有等に関する法律建物の区分所有等に関する法律第49条)(

条文[編集]

(理事)

第49条  
  1. 管理組合法人には、理事を置かなければならない。
  2. 理事が数人ある場合において、規約に別段の定めがないときは、管理組合法人の事務は、理事の過半数で決する。
  3. 理事は、管理組合法人を代表する。
  4. 理事が数人あるときは、各自管理組合法人を代表する。
  5. 前項の規定は、規約若しくは集会の決議によつて、管理組合法人を代表すべき理事を定め、若しくは数人の理事が共同して管理組合法人を代表すべきことを定め、又は規約の定めに基づき理事の互選によつて管理組合法人を代表すべき理事を定めることを妨げない。
  6. 理事の任期は、二年とする。ただし、規約で三年以内において別段の期間を定めたときは、その期間とする。
  7. 理事が欠けた場合又は規約で定めた理事の員数が欠けた場合には、任期の満了又は辞任により退任した理事は、新たに選任された理事(第49条の4第1項の仮理事を含む。)が就任するまで、なおその職務を行う。
  8. 第25条の規定は、理事に準用する。

解説[編集]

  • 第49条の4(仮理事)
  • 第25条(選任及び解任)

参照条文[編集]

判例[編集]

このページ「建物の区分所有等に関する法律第49条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。