民法第909条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法民法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

遺産の分割の効力)

第909条
遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

解説[編集]

遺産分割の効力(遡及効)とその例外について規定している。

判例は、分割により不動産を取得した者に登記を要求し遡及効を制限している。


参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第908条
(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)
民法

第5編 相続
第3章 相続の効力
第3節 遺産の分割

次条:
民法第910条
(相続の開始後に認知された者の価額の支払請求権)


このページ「民法第909条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。