民法第319条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法民法コンメンタール民法第2編 物権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

即時取得の規定の準用)

第319条
第192条から第195条までの規定は、第312条から前条までの規定による先取特権について準用する。


解説[編集]

即時取得についての規定が一部の先取特権にも準用されることを定めた規定である。

第192条(即時取得)
第193条(盗品又は遺失物の回復)
第194条(同上)
第195条(動物の占有による権利の取得)
第312条(不動産賃貸の先取特権)
第313条(不動産賃貸の先取特権の目的物の範囲)
第314条(同上)
第315条(不動産賃貸の先取特権の被担保債権の範囲)
第316条(同上)
第317条(旅館宿泊の先取特権)
第318条(運輸の先取特権)

参照条文[編集]


前条:
民法第318条
(運輸の先取特権)
民法
第2編 物権
第8章 先取特権
第2節 先取特権の種類
次条:
民法第320条
(動産保存の先取特権)
このページ「民法第319条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。