民法第671条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法コンメンタール民法第3編 債権 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(委任の規定の準用)

第671条
第644条から第650条までの規定は、組合の業務を執行する組合員について準用する。

解説[編集]

業務執行者と組合員の関係は委任に準ずることから委任の規定が準用されている。第670条2項
ただし、必ずしも業務執行者が選任されるとは限らない。第670条1項、2項

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第670条
(業務の執行の方法)
民法
第3編 債権
第2章 契約
第12節 組合
次条:
民法第672条
(業務執行組合員の辞任及び解任)
このページ「民法第671条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。