民法第820条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第4編 親族 (コンメンタール民法)

条文[編集]

(監護及び教育の権利義務)

第820条
親権を行う者は、子の利益のために子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。

解説[編集]

親権者による監護及び教育の権利義務について定めている。戦後の民法改正においても、明治民法と同趣旨の規定が受け継がれ、平成23年改正によって「子の利益のために」の部分が追加され、監護及び教育の目的が明確化された。

参照条文[編集]

  • 民法第857条(未成年被後見人の身上の監護に関する権利義務)

判例[編集]



前条:
民法第819条
(離婚又は認知の場合の親権者)
民法
第4編 親族
第4章 親権
第2節 親権の効力
次条:
民法第821条
(居所の指定)
このページ「民法第820条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。