行政事件訴訟法第41条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール行政事件訴訟法

条文[編集]

(抗告訴訟に関する規定の準用)

第41条
  1. 第23条第24条第33条第1項及び第35条の規定は当事者訴訟について、第23条の2の規定は当事者訴訟における処分又は裁決の理由を明らかにする資料の提出について準用する。
  2. 第13条の規定は、当事者訴訟とその目的たる請求と関連請求の関係にある請求に係る訴訟とが各別の裁判所に係属する場合における移送に、第16条から第19条までの規定は、これらの訴えの併合について準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第40条
(出訴期間の定めがある当事者訴訟)
行政事件訴訟法
第3章 当事者訴訟
次条:
第42条
(訴えの提起)
このページ「行政事件訴訟法第41条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。