コンメンタール法の適用に関する通則法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア法の適用に関する通則法の記事があります。

第1章 総則 (第1条)[編集]

第1条(趣旨)

第2章 法律に関する通則 (第2条~第3条)[編集]

第2条(法律の施行期日)
第3条(法律と同一の効力を有する慣習)

第3章 準拠法に関する通則[編集]

第1節 人 (第4条~第6条)[編集]

第4条(人の行為能力)
第5条(後見開始の審判等)
第6条(失踪の宣告)

第2節 法律行為 (第7条~第12条)[編集]

第7条(当事者による準拠法の選択)
第8条(当事者による準拠法の選択がない場合)
第9条(当事者による準拠法の変更)
第10条(法律行為の方式)
第11条(消費者契約の特例)
第12条(労働契約の特例)

第3節 物権等 (第13条)[編集]

第13条(物権及びその他の登記をすべき権利)

第4節 債権 (第14条~第23条)[編集]

第14条(事務管理及び不当利得)
第15条(明らかにより密接な関係がある地がある場合の例外)
第16条(当事者による準拠法の変更)
第17条(不法行為)
第18条(生産物責任の特例)
第19条(名誉又は信用の毀損の特例)
第20条(明らかにより密接な関係がある地がある場合の例外)
第21条(当事者による準拠法の変更)
第22条(不法行為についての公序による制限)
第23条(債権の譲渡)

第5節 親族 (第24条~第35条)[編集]

第24条(婚姻の成立及び方式)
第25条(婚姻の効力)
第26条(夫婦財産制)
第27条(離婚)
第28条(嫡出である子の親子関係の成立)
第29条(嫡出でない子の親子関係の成立)
第30条(準正)
第31条(養子縁組)
第32条(親子間の法律関係)
第33条(その他の親族関係等)
第34条(親族関係についての法律行為の方式)
第35条(後見等)

第6節 相続 (第36条~第37条)[編集]

第36条(相続)
第37条(遺言)

第7節 補則 (第38条~第43条)[編集]

第38条(本国法)
第39条(常居所地法)
第40条(人的に法を異にする国又は地の法)
第41条(反致)
第42条(公序)
第43条(適用除外)

外部リンク[編集]