刑法第106条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

条文[編集]

(騒乱)

第106条
多衆で集合して暴行又は脅迫をした者は、騒乱の罪とし、次の区別に従って処断する。
  1. 首謀者は、1年以上10年以下の懲役又は禁錮に処する。
  2. 他人を指揮し、又は他人に率先して勢いを助けた者は、6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する。
  3. 付和随行した者は、10万円以下の罰金に処する。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第105条の2
(証人等威迫)
刑法
第2編 罪
第8章 騒乱の罪
次条:
刑法第107条
(多衆不解散)
このページ「刑法第106条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。